事業管理体制

機関名 公益財団法人 先端医療振興財団
課題名 有害事象発生時の科学的な細胞検証を通じて細胞治療の安全性向上を目指す臨床用細胞保管・検査拠点の構築
代表者
(所属 役職 氏名)
細胞療法研究開発センター センター長
川真田 伸
役割 センター長
研究概要 当該臨床施設独自で行った試験における有害事象発生時に、各施設で細胞検証をした場合、検証が不十分でフィードバックがなく、細胞治療の安全性向上に寄与しない。
本事業では、細胞治療の安全性向上のため、第三者検証機関として、集約的な細胞検査の実施と検査内容の公開が出来る仕組み作りの構築を目指す。
具体的には、旧厚労省「再生医療実用化研究事業」に加え、旧厚労省「早期・探索的臨床試験拠点、臨床研究中核病院整備事業」や旧文科省「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」において形成された、細胞治療のネットワークを有効に活用することで効率的に細胞の寄託を進める仕組みを構築する。
有害事象発生時の細胞解析結果を検査拠点で集積し、公開することで、より安全な幹細胞治療を開発する拠点が構築される。上記目的に加え、自然災害などにおける幹細胞のBack up 保管施設としての機能も果たす仕組み作りを目指す。