ヒト幹細胞アーカイブについて

 iPS細胞研究がノーベル賞を受賞するなど、再生医療研究に関する国際競争は、激化しており、我が国においても、世界に先駆けてiPS細胞等幹細胞を用いた細胞治療を臨床応用するべく、研究開発されています。

 そのため平成24年度より、移植に用いた幹細胞を保管して、移植から時間が経過した後に、移植に用いたヒト幹細胞について溯って調べることを可能にする「ヒト幹細胞アーカイブ」が整備されることになりました。

 「ヒト幹細胞アーカイブ」は、iPS細胞等幹細胞を用いた再生医療に対する安全対策、医療の質の向上を目的としています。